Mizunami Open Factory

世界を魅了する焼き物工場を覗いてみよう。

ー詳細はこのページの下へー

イベント終了しました!
活動レポートはこちら

2016年開催決定!

昨年からはじまった焼き物関連工場見学イベントを今年も開催します!初年度は、3日間開催し、東京や名古屋、地元からも多くの方にご参加いただきました。2年目となる今年も11月に開催します。工場見学のみならず、期間を延長してワークショップなども企画する予定です。ぜひご参加下さい。

2016年は2日間の工場見学イベント&ワークショップを予定中!

<工場見学>
11月4日(金)、11月5日(土)
<ワークショップ>
11月12日(土)〜11月26日(土)を予定しています◎

 

岐阜県の東、東濃(とうのう)地域と呼ばれる場所は、陶磁器の日本一の生産量を誇る美濃焼の産地です。その中に位置する瑞浪(みずなみ)市。この人口約39,000人の小さな町に、多くの焼き物工場が存在します。自然材料である不安定な土を高い技術力でコントロールし、安定した製品を国内のみならず海外へも輸出しています。もしかしたら、みなさんの身のまわりの焼き物はこの東濃地域で作られているものかもしれません。

日々ここから作り手の技術・想いとともに、お皿やコップ、建材のタイルや陶磁器小物の箸置きまで、さまざまな焼き物が生み出されています。多くの作り手の想いに支えられている産地をみなさんにご紹介したく、今年の秋に工場をまわるイベントを企画しました。ぜひ焼き物産地の岐阜県瑞浪市にお越しください。

★イベント内容は昨年のものです。今年のスケジュールは8月下旬発表予定です!

日程:コース①2015年11月5日(木) 8:30集合〜17:30解散    コース②2015年11月6日(金) 8:30集合〜17:30解散    コース③2015年11月7日(土)  8:00集合〜18:00解散
参加費:
大人料金5,000円(内訳:ランチ代1,500円、イベント参加費3,400円、保険100円)
大学生〜中学生4,000円(内訳:ランチ代1,500円、イベント参加費2,400円、保険100円)
4歳以上小学生600円(内訳:ランチ代500円、保険100円)
1歳以上4歳未満300円(内訳:ランチ代200円、保険100円)
定員:25人 / 集合場所:瑞浪駅 駅裏ロータリー
※イベント参加費はイベント運営のためにあてられます。
 

コース①

焼き物&釉薬の工場を知ろう!

瑞浪駅からバスでおそよ20分、瑞浪市の北にある陶(すえ)町からツアーははじまります。陶地域は、早くから海外輸出に取り組んできた洋食器の一大産地です。このコースは、美濃焼を生産する焼き物工場の「山和陶業」と「ユーポーセレン」をまわります。
その後、手作りの陶磁器小物を製造する工場「マスターズクラフト」を訪問。ここではすべてが手作り!その巧みな技術は見る人を魅了します。
最後は、タイル用の釉薬(ゆうやく)を製造する「玉川釉薬」へ。タイル用の釉薬工場を見ることができるのは産地ならでは!ツアー初日から見所満載です!
お楽しみに!

<訪問工場①>作り手と製品のご紹介

山和陶業

昭和17年創業。陶磁器の製造を行う。使いやすさにこだわった家庭向けのものから、高級感溢れるホテル向けのものまで幅広く製造。和食洋食中華とどんな料理に対応できる陶磁器生産力をもつ。

ユーポーセレン

平成16年創業。陶磁器の製造を行う。カップからプレートまで幅広いラインナップで、ディナーセットすべてに対応。業界大手のカフェやチェーン店向けの大きなロット数にも対応することができる。

マスターズクラフト

昭和35年創業。箸置きの製造、陶磁器食器卸売を行う。
創作箸置きの製造を主とするが、和洋にとらわれない温かみのあるオリジナルデザインの食器を開発・卸売りも行う。

ホームページ

玉川釉薬

平成3︎年創業。タイル用釉薬の製造を行う。複数の鉱山原料と化学色素を配合し、長時間、原料粉砕機で水とすり合わせることで、タイルの色・質感をきめる釉薬を製造する。

ホームページ

コース②

焼き物&絵付けの工場を知ろう!

2日目も陶地域からスタート!焼き物工場の「山善製陶所」と「丸新製陶所」をまわります。それぞれ得意とする製品&つくる製品によって工場の設備がちょっとずつ違います。そんな各工場の違いも楽しんでみてください。
そして、今回は特別に絵付け工場「セラム工芸」も訪問。ここでしかみることのできない量産の絵付けの技術を見学します。
最後は、瑞浪の稲津地区に移動し焼き物工場「深山」へ。今回のツアーの中で、一番多く陶磁器工場を回る日程となっています!お楽しみに!



<訪問工場②>作り手と製品のご紹介

山善製陶所

昭和27年洋陶磁器専業メーカーとして創業。現在は国内業務用食器の製造を行う。
美濃焼の食器、白い陶磁器にこだわり、自社ブランドのzenzanは第7回国際陶磁器展美濃にて受賞。

ホームページ

セラム工芸

平成9年創業。陶磁器絵付けを行う。イングレーズ(イングレ)という技法で、絵の具や転写で陶磁器製品に装飾を施し、その品質を高める絵付けを行う。

丸新製陶所

昭和18年創業。白磁や温かみのあるやわらかな白さが特徴のニューボンの食器を専門に、磁器取手付のコーヒーの碗・ソーサーを中心に製造。


ホームページ

深山

昭和52年創業。食器・テーブルウェアなど陶磁器の製造を行う。近年では、インハウスデザイナーを採用してオリジナル商品を作り、5度のグッドデザイン賞(Gマーク)を受賞。

ホームページ

コース③

焼き物&タイル&粘土の工場を知ろう!

3日目は、焼き物工場だけでなく、タイル工場、粘土工場にも訪問します!
まずはお隣可児市にあるタイル工場「TNコーポレーション」へ。タイルができるまでの工程を見学します。その後、瑞浪に戻り、午後の4工場見学に向けて早めのランチバイキングを楽しみましょう。
午後一番は、瑞浪市稲津町にある粘土の工場「白山陶料」へ。焼き物産地を支える粘土が出荷されるまでの様子を見学します。その後、陶町の焼き物工場「ユーポーセレン」と「山和陶業」へ。ツアーの最後は、陶町を散策しましょう。お楽しみに!

<訪問工場③>作り手と製品のご紹介

TNコーポレーション

昭和34年創業。タイルメーカーとして永年培った専門知識・技術を生かし、独創性を持った、モザイクタイル、ボーダータイル、外壁タイル、内壁タイルを製造。住空間の向上に努める。

ホームページ

白山陶料

昭和50年創業。陶芸用粘土の製造を行う。創業より培われてきた技術と信頼を元に、地元美濃焼の窯元をはじめ瀬戸焼・ 万古焼など全国の窯元に陶芸用の粘土を販売。

ホームページ

ユーポーセレン

平成16年創業。陶磁器の製造を行う。カップからプレートまで幅広いラインナップで、ディナーセットすべてに対応。業界大手のカフェやチェーン店向けの大きなロット数にも対応することができる。

山和陶業

昭和17年創業。陶磁器の製造を行う。使いやすさにこだわった家庭向けのものから、高級感溢れるホテル向けのものまで幅広く製造。和食洋食中華とどんな料理に対応できる陶磁器生産力をもつ。

<参加特典>

本プログラムにご参加いただいたみなさまに美濃焼タンブラーをお土産としてプレゼント!

※イベントにご協力いただいている恵那陶磁器工業協同組合さんよりご提供いただけることになりました。

<その他>訪問先ご紹介

世界一の美濃焼の狛犬

狛犬について

きなぁた瑞浪農家レストラン(昼食)

レストランについて

<製品紹介>

<主催>

焼き物産地プロモーション委員会

<協力>

恵那陶磁器工業協同組合
瑞浪市
瑞浪商工会議所

プログラム運営の一部を平成27年度岐阜県清流の国ぎふ推進補助金にご協力頂いております

<案内役>

玉川 幸枝 / 焼き物産地プロモーション委員会

岐阜県瑞浪市生まれ。合同会社プロトビ代表。東京、名古屋、岐阜にて街づくりやモノづくりなど、地域が活性化するようなプロジェクトを企画・運営。大学中退後、世界一周、NGO設立、家業の釉薬会社勤務の経験を経て、現在は、イベント企画やプロジェクトマネージャーとして活動。
工場では各会社の社長&工場長自ら案内役として登場します!

瑞浪オープンファクトリー活動ブログ

<お申し込み>

お名前、年齢、電話番号を、メールまたはお電話にてお知らせください。

TEL:0572-68-9160(玉川釉薬)MAIL:mizunami.openfactory@gmail.com (メール)

フォームでの申込みはこちらから

<お問い合わせ>

質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。

メッセージは送信されました。
ありがとうございます。